脱毛豆知識

日焼けは脱毛の敵と言われる理由とは?

エステや美容外科での本格脱毛が流行していますが、脱毛を受ける前に知っておくべきことの一つとして、日焼けしていると脱毛ができないということがあります。エステや美容外科の脱毛は、それぞれフラッシュ方式、レーザー方式と呼ばれるものが主流です。


この二つはムダ毛の毛根部分に光またはレーザーを照射し、その際に生まれる熱の力で毛母細胞を破壊し、ムダ毛の成長を妨げることによって脱毛効果を得るというメカニズムの方法です。



なぜ日焼けしていると施術できないのかというと、光とレーザーはメラニン色素という黒い色素に反応して熱を与える性質があるためです。メラニン色素とは体毛や皮膚に存在している色素のことで、黒色の髪の毛やムダ毛には大量にメラニンが存在しています。


皮膚にももともと多少なりとも存在していますが、日焼けをしていない日本人の肌に存在しているメラニンの量はそれほど多いものではありません。光とレーザーはメラニンの量が一定以上存在している部分に対してのみ反応して熱を与えますので、脱毛時にはムダ毛がある部分にのみ作用し、その他の部分の皮膚には熱が生じることはありません。


そのためピンポイントでムダ毛を除去することができるのですが、日焼けしている肌には光とレーザーが反応するに十分な量のメラニンが存在しているため、もし日焼けしている状態で照射すれば、肌の広範囲に熱のダメージが及ぶ可能性があります。


すると脱毛効果が現れにくくなるばかりか、肌全体に熱による痛みが生じるため危険をともないます。赤みが出たりやけどしたりという肌トラブルが起こる可能性も高いですので、一般的にエステや美容外科では日焼けしている肌への施術は不可となっているのです。


もし今後の脱毛を考えているのであれば日焼けは避けなければなりませんので、、計画的に行動することが必要となるでしょう。また施術後は肌が敏感になっていますので、施術後の日焼けも厳禁であることも一緒に覚えておきましょう。