脱毛豆知識

カミソリ・毛抜きでの無駄毛処理のポイント

自宅で好きなときに出来るので、カミソリを使って無駄毛処理を行っている女性は少なくありません。


毛のない状態が長続きはしないため、2?3日ごとに行わないと、すぐ伸びてきて、同じことを繰り返さなければならないので、よほど注意しないと、肌トラブルに悩まされることになります。


カミソリでの無駄毛処理



注意事項として知っておきたいのは、毛が生えている向きに逆らわないように剃ることで、逆らって無理に剃ろうとすると、肌が傷ついたり、深剃りしすぎて出血することもあるので気を付けましょう。


カミソリで無駄毛処理を行った際に起こりやすい肌トラブルは、皮膚の中で毛が伸びて、表面に出なくなる埋没毛や、毛穴の開いた箇所から菌が入る毛のう炎があります。


それ以外にも、繰り返し剃ったために色素沈着が起きて、肌の色が黒ずんでしまうこともあれば、湿疹や吹き出物が出来ることもあるので注意したいですね。このような肌トラブルを防ぎたいなら、カミソリを使う際はまず肌を濡らすようにし、専用のシェービングクリームを塗ってから、処理をしなければなりません。


濡らさないで、乾燥したまま剃ったりすると、剃りにくいだけでなく、肌が荒れてボロボロになるのでやめましょう。カミソリの刃も、定期的に掃除や交換を行うようにしないと、いつまでも同じものを使い続けていると、肌を傷つける原因になってしまいます。


お風呂に入ったときに無駄毛処理を行う方が多いですが、カミソリを使った後、浴室に置いたままにしていると、あっというまに錆びてしまうので、そんなものを使って剃るのは危険です。


出血したり、肌ががさがさになったり、腫れたり、ブツブツだらけになってしまうこともあるので、カミソリのケアもきちんと行うようにしましょう。


無駄毛処理後は肌が乾燥した状態になっているので、そのままにはせず、美容成分たっぷりのローションやジェルを塗って、しっかり保湿するようにしてください。


これらのことに気を付けていれば、肌への負担が大きいカミソリで無駄毛処理をしても、肌トラブルを最低限に抑えることが出来ます。


毛抜きでの無駄毛処理



毛抜きを使った無駄毛処理はかなり手軽である上、毛根から無駄毛を抜くことができると言うことで愛用している人も多い方法です。


例えば眉毛や手の甲、指といった小さな部位であれば毛抜きを使っても十分なケアが出来るでしょうし、また中にはすね毛などのかなり広範囲の部位を毛抜きで処理している人もいます。ただこの毛抜きは非情にシンプルである反面、その正しい使い方が出来ていない人も多いのです。


では正しい毛抜きを使ったケアを行う際にチェックしておきたい注意点ですが、まず重要なのは「生えている方法に逆らわずに抜く」ことです。毛は基本的に生える方向が決まっていて、その方向に引っ張るとスムーズに抜くことができるようになっています。


間違えた方向に向かって力を加えると途中で毛が切れてしまって結局抜きづらくなってしまいますし、皮膚を引っ張ることになりますから強い負荷がかかってしまいます。また抜くときにおっかなびっくり時間をかけて力を加える人も良くみられるのですが、これも良くありません。


時間をかけて力を加えると半端な力が長い時間皮膚や毛穴に加わってしまうことになりますから、やはり皮膚にダメージを与えてしまうのです。そのため毛抜きを使って無駄毛を抜くときは一瞬だけ力を加えて一気に抜くようにしましょう。またこうした毛抜きを使う方法で一つチェックしておきたいのが蒸しタオルです。


毛穴は温めると開く性質がありますから、処理したい部分を事前に蒸しタオルで温めておくと普段よりもスムーズに無駄毛を抜くことができるようになります。こうしておくと毛を抜くときの痛みが和らぐ上スムーズに抜くことができるようになりますから、処理する際には蒸しタオルを作ってから行うとよいでしょう。


蒸しタオルは濡れたタオルをラップにくるんでレンジで温めると簡単に作ることができます。毛抜きは簡単で効果的な無駄毛処理ですが、間違えた方法で行ってしまわないよう注意しましょう。