脱毛豆知識

未成年が脱毛サロンで脱毛する際の注意事項


脱毛サロンでは、子ども用の脱毛を扱っているところもあります。下は3才から可能で、乳幼児の時代から大人のように光脱毛が受けられるようになっています。未成年が脱毛を受ける場合、親の同意が必要です。一緒にカウンセリングに行くなど、サロンによって必要な同意形式が異なります。


子ども時代に毛が濃いと、いじめにあったり、容姿に自信が持てない、など悩みを抱えることも多いですが、あまりにも早い時期からの脱毛は考えものです。


なぜかというと、ホルモンバランスが安定しない時期に脱毛を行ってしまうと、効果がうまく出ない可能性があるからです。ヘアサイクルの周期も安定していなくて、本来ならば光をあてるべき成長期の毛をうまく処理できなくなる可能性もあります。


ホルモンバランスが安定してくるのは20才を過ぎた頃なので、脱毛サロンに通うのはこの時期がベターということになっています。少しでも早く通いたいという人は、女の子なら生理が始まってから5年以上経ってから、男の子ならば17才以上、を目安にしましょう。


高校生も未成年なので、親の同意が必要です。体が大人になってから脱毛を受けたほうが、結果的には処理も早いですし、費用も無駄にならない確率が高いです。何才からでも物理的には脱毛は可能です。ただし下限は3才以上になっています。


また、ホルモンバランスの都合からも16〜17才前後からの脱毛のほうが望ましいでしょう。どうしても早くやりたいという場合には、まずはエステサロンでカウンセリングを受けてみましょう。子ども専用の脱毛を提供しているところならば、脱毛したいと考える子どもの気持ちにも配慮してくれますし、健康上のことも含めてアドバイスしてもらえます。


カウンセリングに行ったからといって、必ずしも脱毛しなければいけないというわけではありません。無理に勧誘してくるところもありますが、そういうサロンはなるべく避けたほうが良いでしょう。


以下、ホルモンバランスと脱毛の関係についてもう少し詳しく見ていくことにします。


ホルモンバランスと脱毛の関係



ホルモンバランスと脱毛の効果には、密かな関係があります。体内のホルモンのバランスが安定をしている方が、体毛の成長も安定します。体毛の周期で施術を受けるので、毛は順調に生えて抜けるのが好ましいです。ホルモンがアンバランスになると、体毛の成長はそれとともに不安定になります。場合によっては、ムダ毛が濃くなるケースもあるので要注意です。その逆に、毛が薄くなるといったパターンもあります。


ですが脱毛をしたからといって、ホルモンのバランスが乱れることはありません。お手入れをすることになったら、ホルモンバランスを良い状態にするのは、心がけたほうがメリットになります。それはムダ毛の多い状態というのは、体内のバランスが傾いているからです。ムダ毛の多い状態は明らかに、男性ホルモンが多くなっている状態だからです。男性にも女性にも男性ホルモンがありますし、女性ホルモンもあります。大切なのは、そのバランスです。アンバランスになれば、男性ホルモンが優位になり、体毛は濃くなりますので、あまり良い結果とは言えません。


脱毛の効果を良いものにするためにも、ホルモンのバランスを整えましょう。男性ホルモンが多過ぎる状態を改善して、叙せホルモンを増やしていくことです。アンバランスになるのは、普段の生活の乱れの表れでもあります。生活はストレスが多いとか寝不足なのも良くはありませんし、偏りのある食生活もホルモンを乱れさせます。基本的には規則正しい生活をするようにして、夜の時間はしっかりと眠ることです。食事は忙しいからといって、加工食品やコンビニ弁当、インスタント食品などばかりに頼っていては良くないです。


日本には美しい四季の流れがあり、その時期には旬の野菜や食べ物があります。そうした食材を使い、美味しい食事を食べるようにするのもいいことです。食事は思っているよりも、何かにつけて影響力があります。おいしく食べて、夜はその日のうちには眠りましょう。