奈良コラム

平城遷都1300年記念事業公式キャラクター「せんとくん」の今・・・

2010年に奈良県で開催された平城遷都1300年記念事業の公式マスコットキャラクターとして作られた「せんとくん」


童子の姿で鹿の角が生えた 風貌が「気持ちが悪い」と大不評。気持ちが悪いキャラクターとして一躍 全国に広まりました。
他にも、仏様のような姿に鹿の角を生やすのは、仏様を侮辱しているのではないか?と仏教界からも批判が相次いだそうです。
そんな批判をうけて対立候補として、非公式キャラクターとして「まんとくん」や「なーむくん」も登場。


710年に、現在の奈良県奈良市に平城京が遷都されて1300年という節目に記念事業として平城京の大極殿が再建され、県内の会場で様々なイベントが開催され古の都を再現させるという観光イベントでした。


その後、せんとくんはというと・・・
2011年に奈良県の観光マスコットに就任し、現在もゆるキャラとして活躍しています。
せんとくんグッズなども販売されているようですが、ワタシ個人的には欲しくないです(笑)


キモカワってのが流行ってから、ある意味で人気がでたようですが、ワタシは生理的にちょっと・・・って感じです。
こんなようなヒト本当にいそうだし、なんかエロそうなイメージ(笑)髪がなくってツルツルだからかな・・・


せんとくんのように?髪が薄い・ハゲの人って体毛は一般的に濃い人が多いです。
せんとくんは子どもという設定のキャラクターなので、もちろん毛深くはありません。


薄毛のヒトに、体毛を頭に植毛できるといいのにね。なんて言ったことありますが、ワタシ達の髪の毛や体毛は部位によって性ホルモンの働きによって作用されます。


髪の毛は女性ホルモンです。正確にいうと頭頂部から耳のあたりまでは女性ホルモンの影響を受けます。
ホルモンバランスの変化で髪質が変わってしまうということあります。

逆に、男性ホルモンが強いと体毛が濃くなり、髪の毛は薄くなりがちです。
ワタシの知っているヒトだけかもしれませんが、ちょっと髪が薄いヒトはだいたい体毛濃いです(笑)
特に、男性ホルモンが盛んになる30代から40代は薄くなるヒトが増えます。
その分、男らしくて性欲も強いはずです(笑)

逆に体毛が薄くてツルツルのヒトは、髪も困るほど薄くありません(笑)
だからといって女性的というわけでもありませんが・・・


女性も、体内の男性ホルモンが多いひとが毛深い傾向にあるようです。
抑毛効果のある食べ物やローションは、女性ホルモンと似た働きをする成分が多く含まれています。
毛深さと性ホルモンは大きく関係していることがわかりますね。