奈良コラム

修学旅行の定番スポット☆観光都市として目立たないのはなぜ?目立たないのは毛穴だけにしたいものです・・・

修学旅行で必ず行ったことがあるのが京都・奈良。
住んでいる地域によって、小学校か中学校か、高校で行く中は様々です。


京都・奈良に比較的近い地域は小学校で行くことが多く、関東圏は中学校の修学旅行でいくことが多いようです。


京都は個人的な旅行で行ったことがあるというひともいるでしょうが、、奈良は修学旅行で行って以来。という大人も多く、修学旅行で訪れた思い出が残っています。


奈良県は、多くの寺院仏閣があります。
世界遺産にも指定された法隆寺・奈良の大仏で有名な東大寺。春日大社に興福寺など有名なお寺がたくさんです。
修学旅行では必ずといっていいほど立ち寄る、日本の歴史を学ぶ上で欠かせない場所なのに、京都のように観光地として有名にならないのはなぜなんでしょう?


理由として考えられるのが、交通アクセスの不便さです。
東大寺近辺には奈良公園・興福寺・春日大社などがありますが、世界遺産でもある法隆寺はだいぶ離れた場所にあり、移動するのに大変です。
電車とバスを乗り継いで1時間以上かけての移動か、タクシーで40分程度の移動となり、時間やお金もかかります。
自家用車やレンタカーで宿泊しての観光じゃないとちょっと大変そうです・・・


観光地に多い観光写真撮影


ついこの間、京都へ観光にいったんですが、修学旅行生+外国人観光客+バス旅行のおばちゃんたちなどなどで、清水寺近辺はヒトが溢れかえってました・・・
京都はバス・地下鉄などが各観光地へアクセスしやすいように整備されていますし、比較的近いエリアに固まっているので、日帰りでも結構たくさん回れちゃいます。
最近のブーム?は、京都で着物をきて観光する!というのが、ココ数年流行っているとのこと。


ある程度観光し尽くしても、今度は着物を着て散策。というように、何度も来たくなるようになっています。


奈良もそういった観光への取り組みをもっと強化すればいいのに・・・


観光地でよく見かける写真撮影。
最初からお金を支払って撮影するタイプと、小さいはがきサイズにプリントしてプレゼント。気に入ったら購入してもらう。というタイプがありますね。


ワタシも一時期カメラマンをしていて、観光写真も撮ったことあります。
撮ってもなかなか売れない場所と、撮ったら必ず売れる場所があって、売れないと本当に凹みますね(笑)


ちょっと変わったお客さんもいて、写真はまずいからデータで欲しいとか、撮影した写真を加工してキレイにしてから渡して欲しいと・・・顔のシワ・毛深いから毛を見えないようにを隠して欲しいって・・・


その場でプリントして渡すので結局加工まではできないんですが、ブライダルとかの写真って、腕を細くしたり、シミやニキビを隠す美肌加工・ムダ毛や毛穴も隠してくれる加工処理が当たり前になってきています。
プリクラ状態です。


カメラマンとしては、ありのままを残してあげたい。って思うんですが、最近はキレイに加工することに需要があるそうです。

そんなに気になるなら、加工に頼らず、脱毛とかエステでじぶんが納得できるくらいきれいになってから、撮影にきてほしいと思ってしまいますね。