奈良コラム

奈良のスピリチュアルスポット☆親子はパワーのうけかたまで似ちゃう?

奈良県には日本最古の寺院や世界遺産に指定された寺院などがたくさんあり、信仰の場・自然崇拝が行われていた場所が多く、大地のエネルギーを感じやすとされ、パワースポットやスピリチュアルスポットとして全国から多くの観光客が訪れています。


日本にはパワースポットと呼ばれる場所がいくつかありますが、パワーが強いと有名なスポットが高千穂・富士山・屋久島・琵琶湖・伊勢神宮・鞍馬寺などありますが、奈良県の三輪山もとても強いパワーがある場所として有名です。


日本でも5本の指に入るほど強力なパワースポットと、スピリチュアル・カウンセラーの江原啓行氏が紹介したことで注目が高まりました。


パワースポットとして有名な大神神社(おおみわじんじゃ)は、本殿を持たず三輪山自体をご神体としています。
三輪山は日本国創世時代から「神の宿る山」とされ、神官・僧侶以外は足を踏み入れることができない、禁足の山とも呼ばれていました。
江戸時代には幕府が厳しい政令を作り、平等寺の許可がないと入山することができませんでした。


現在も登山を希望する場合、大神神社近くにある狭井神社(さいじんじゃ)の社務所で許可を得てから出ないと入山することができません。
必要事項を記入し、300円を納めて白いたすきを受け取りお祓いを受けてから入山します。
登山中はこのたすきを外していけない・飲食・喫煙・写真撮影も禁止。3時間以内に下山(通常は2時間で下山可能)しなければいけないなど、細かいルールがあります。
山内の木1本1本、葉っぱの1枚1枚に神様が宿っているとされ、持ち帰ることも禁止されています。
そして、山で体験したことなども他言してはいけない。とも言われているので、それだけ神聖な場所ということなんでしょうね。


姉がパワースポット大好きで、よく巡りに連れて行かれました。
琵琶湖に浮かぶ 竹生島に行った時は下の娘、姉はパワーをもらって元気になった気がしたんですが、ワタシと上の娘にはパワーが強すぎたのか、島をでたらどっと疲れがでてぐったりしてしまいました・・・
相性?のようなものもあるのでしょうか?


見た目もそうなんですが、上の娘はワタシとそっくり。考え方や好みだけでなく、髪の毛も多くて太い。身体が毛深いところや耳の形など細かいところまで似ています。
下の娘は、顔立ちもなぜか姉に似ていて、姉の子どもといってもいいくらい似ています。
顔が丸いとこや、楽観的な性格、そして髪も茶色くてくせっ毛。そして体毛も薄い。
パワーのうけかたまで、かたよるって相当だな・・・

根本的に似ている証拠なんでしょうか?
神経質なヒトほど、気を感じやすいから疲れちゃうのかもしれないですね・・・


三輪山 1回行ってみたいなとおもうのですが、お祓いしてから入山・撮影も禁止・山内で起こったことも他言を慎む。というと構えてしまいますね・・・